ここではご葬儀に関して役立つ豆知識をご紹介しております。

初めての方もそうでない方でも、まだご葬儀に参列されたことがない方でもご参考にして頂ければと思います。

その他のご不明な点は、蓮華会館スタッフにお気軽にご相談下さい。

会葬者(参列者)の場合

列時の服装 について

通夜の前 地味目の平服。結婚指輪以外のアクセサリーは控える。化粧は薄化粧にとどめる。
通夜・葬儀 葬儀の主催者側より格式の高い礼装は失礼。
男性

通夜にはダークスーツに白いワイシャツで地味なネクタイを。

葬儀には準喪服といわれる黒のスーツに白いワイシャツ。

ネクタイピンはつけずにネクタイ、靴下、靴は黒いものを身に付ける。

女性

和装・・・黒無地の着物と帯が正式喪服。

略式の準喪服・・・紫・藤色・グレー・えび茶などのひかえめな色無地の着物に黒無地の帯を。

洋装・・・黒のスーツ、ワンピースが正式な喪服。

略式なら無地の濃紺や濃いグレーのものでも可。

ただし、ハンドバッグ、靴、靴下は黒で統一するのがマナー。

子供…制服があれば正式な喪服となる。なければ白いシャツに黒か地味目のズボン・スカート。

※喪章・徽章は葬儀を主催する側がつける物なので、一般の会葬者は必要ない。

香典の金額

喪家の格式、故人との関係、弔問する人の社会的地位などにより差があります。目安は、親は10万円、兄弟姉妹は5万円、親類や会社の上司は1万円、同僚・部下・ご近所は5千円が一般的です。

100,000円
兄弟姉妹 50,000円
親類・会社上司 10,000円
会社同僚・部下 5,000円
ご近所 5,000円

あいさつの仕方と気をつける言葉

遺族を見かけたときは声をかけず、会釈するだけにとどめます。

友人、知人と会った時でも、声高に話したりせず、目礼程度にします。

告別式に参列した時は焼香が終わってもなるべく残り、出棺を見送ります。このときは、合掌したり深い礼をして見送りましょう。

仏式 「かえすがえす」「いよいよ」などの重ね言葉や、「続く」「再び」「浮かばれない」など。
神式・キリスト教

「冥福」「供養」「成仏」などの仏教用語。

故人の死因をたずねるのは憚られる。

「大往生」「天寿をまっとう」などは、遺族側の言葉なので参会者は使わない。

本人が参列 できない場合

訃報を受けた本人が参列できない場合、家族が代理で弔問する。 配偶者か成人した子供が代理人になる。

故人や遺族と面識がなくても構わない。

喪家に代理人であること、代理の事情を簡潔に伝えてお悔やみを述べる。

慶事と重なった時

弔事を優先する。ただし、近しい身内の結婚式や、本人が出産を控えている時は、弔事を遠慮する。

喪家(主催者)の場合

葬儀後の あいさつ回り

葬儀の翌日か翌々日くらいには、お世話になった人のところへ喪主が挨拶に出向きます。挨拶に行くときは、略式喪服か地味な外出着程度とします。

近所の方への挨拶 簡単な品物や菓子折りなどを持参して、葬儀の間に迷惑をかけたり、お世話になった方々へ感謝の意を表しましょう。
世話役、諸係を務めてくれた方への挨拶

直接訪問してお礼を述べるべきでしょう。

中には、交通費その他でかなり出費した人もいるでしょうから、礼金を包むことも考慮しておくとよいでしょう。

礼金を包むときは、「御礼」あるいは「御車料」などと上書きします。

お礼状

本来は挨拶回りに行く代わりに出すべきものですが、最近は簡略化して、通夜やご葬儀の際に、受付などで清めの塩とセットにして渡すことが多くなっています。 弔電をいただいた方や遠方から香典や供花・供物を送っていただいた方には、挨拶の機会を失うこともあるので、まず礼状を出しておきましょう。

支払いと借り物の返却

病院への支払いの時、入院期間や状況によっては、担当医師や看護婦へ心づけを用意します。酒屋など近所のお店は、請求書が届いたら内容を点検して支払います。

また、葬儀の費用は相続税の控除対象となりますので、領収書をすべて保管しておきましょう。 借り物がある場合は、お礼を述べて早めにお返ししましょう。

本人が参列できない場合

訃報を受けた本人が参列できない場合、家族が代理で弔問する。

配偶者か成人した子供が代理人になる。

故人や遺族と面識がなくても構わない。

喪家に代理人であること、代理の事情を簡潔に伝えてお悔やみを述べる。

慶事と重なった時

弔事を優先する。ただし、近しい身内の結婚式や、本人が出産を控えている時は、弔事を遠慮する。

ご葬儀後

<初盆>

故人がなくなった時期によりお盆を迎える時期は変わります。

【7月初旬に亡くなった場合】

お盆以降に忌明けを迎えることになりますので、初盆は翌年に行うこととなります。

【初盆の準備】

最初に菩提寺の僧侶の方に初盆であることを必ず告げましょう。

法要の日時についてしっかりお打ち合わせをおこないます。

仏具や仏壇をきれいに清掃し仏壇前に精霊棚を設けます。

宗教により精霊棚は設けません。

精霊棚を設ける場合は、故人の好きな食べ物やお花などをお供えします。

最後に仏壇の近くや軒先に初盆灯籠を飾ります。

お急ぎの方は0120-85-0093
ページトップ
Copyright © 2015 by 株式会社蓮華. All rights reserved.